カテゴリ:ロンドン生活

「ミレイの傑作『オフィーリア』の正体とは」余話

今年11月に、弊誌では英国の美術史における最高傑作の一つ「オフィーリア」のモデルとなったエリザベス・シダルという名の女性の人生に迫る特集記事を組みました。未読の方はこの機会にぜひ。

オフィス近くのカギ屋さんが実はすごい社会貢献をしていた

英国ニュースダイジェストのオフィス最寄駅となるホルボーン駅のすぐ近くにあるカギ屋さん、ティンプソン。

英国各紙のエイプリル・フール2015ウソ記事

皆様こんにちは。英国ニュースダイジェスト編集部の(籠)です。本日はエイプリル・フール。英各紙は毎年恒例のウソ記事を掲載しました。目立ったものから紹介していきます。

「カワイイ」と言われたことのない日本人女性に向けてケンブリッジ学生がエールを送る

先日、ロンドンで開催された「大学生のための日本語スピーチ・コンテスト」を観覧してきて、ものすごく面白かったので皆様にも報告申し上げます。

ビジネス日本語スピーチ・コンテストに行ってきた

こんにちは。インターン梅谷です。「最後に大勢の人前で話したのはいつだろう」と考えても思い出せないほど人前でスピーチをすることとは無縁の私ですが、今回はそのスピーチを「ビジネス」という内容で、しかも外国語でするという、参加しろと言われたら鳥肌が立ってしまいそうな大会が開かれるということで、見学して参りました。

ホテル併設のグリル・レストランでお誕生日を祝ってもらった

ものすごくプライベートなことで大変恐縮なのですが、先日無事に誕生日を迎えましたので報告申し上げます。

デビット・カードが吸い込まれた

温かくウマいラーメンでも食べて英気を養うか、と思いながら、昨晩ホルボーンにある会社からソーホーに向かっていったら、現金を持っていないことに気付きました。で、HSBCのレスター・スクエア支店の外壁に取り付けられている現金引き出し機でお金を下ろそうとしたわけです。そしたら...

暑くて雨降って部屋の鍵が壊れた

ロンドンらしからぬ暑い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。英国ニュースダイジェスト編集部の(籠)です。変なお天気のせいでトラブルを被ったので報告申し上げます。

ウォータールー駅近くにある落書きだらけの道

皆様こんにちは。英国ニュースダイジェスト編集部の(籠)です。イギリスらしからぬ天気の良い日が続きますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。暑い日に限ってロンドン地下鉄が止まって車内で数十分も立ち往生みたいなことが起こりがちなので、ペットボトルなんかを持ち歩くといいですよ。

インターン生日記: タクシー・ストライキに行ってきた

6月11日14時、トラファルガー広場前にて行われたタクシー運転手のストライキにより、ロンドンに住む人々、観光客は大混乱でした。

日曜日の電車の中で見た光景

最近、自分の中でもどう咀嚼というか扱っていいのか分からない、でもとりあえず誰かと共有したいエピソードが発生したので、筆を取らせていただきました。ほぼ毎晩というくらい、ロンドンの帰りの通勤電車で見かける光景。車両間をつなぐドアが「プシュッ」と音を立てて開いた後で、スピーチが始まる。

葉加瀬太郎さんのチャリティー・コンサート -東日本大震災から3年-

2014年3月11日、東日本大震災からちょうど3年。ウォータールーにあるセント・ジョンズ教会で行われていた、ヴァイオリニストの葉加瀬太郎さんによる震災復興のためのチャリティー・コンサートに行ってきました

滝川先輩に向けてロンドンの「お・も・て・な・し」ベスト5

東京が2020年のオリンピック開催地に決まって以降、「ロンドンでのオリンピックはだね」と訳知り顔で話すのがすっかり得意になった英国ニュースダイジェスト編集部の(籠)です。皆様いかがお過ごしでしょうか。

ビジネス日本語スピーチ・コンテストに行ってきた

バレンタイン直前の2月12日にロンドンのSOASで行われた「ビジネス日本語スピーチ・コンテスト」の本選の様子をご報告申し上げます。実は僕、このスピーチ・コンテストを毎年ものすごく楽しみにしているんです。たぶん過去10年ぐらい皆勤賞。毎年仕事を放り出して、たっぷりと見学させてもらっています。特に今年は相当にレベル高くて、随分と堪能させていただきました。

ロンドン地下鉄48時間スト、こんなふうにサバイブしてます

ロンドンでは4日夜から7日朝にかけて、48時間の地下鉄ストが行われています。「なんで48時間ストなのに4日間も影響が及ぶんじゃい!」と解せない思いを抱えつつ、それでも通勤のためにサバイバル・ゲームに参加せざるを得ない社会人の皆さんを代表して、僭越ながらロンドン中心部にオフィスを構えるダイジェストの社員たちの例をご紹介いたします。

渡英しても英語が話せるようにならない6つの事情

皆様こんにちは。新年の誓いで「TOEICで満点取るぞ!」と宣言した英国ニュースダイジェスト編集部の(籠)です。年が明けてからもう1カ月近くが経つし、そろそろ勉強始めないとな、と思っていたところで、同僚から「英国生活10年超えるあなたが何で今さら英語の勉強するの? 」と痛いところを突く質問をされました。

イギリスから日本に一時帰国したときに取ってしまいがちな5つの行動

つい先日、日本の実家に一時帰省してきました。読者の皆様の中にも、年末年始を日本で家族とともに過ごしたという方は少なくないのではないかと存じます。ということで、「イギリスから日本に一時帰国したときに取ってしまいがちな5つの行動」をまとめてみました。

イギリスの暗い冬をやりすごす方法

年の瀬のロンドンを始めとするイギリス各地で仕事に勉強に頑張っている皆さんこんにちは。英国ニュースダイジェスト編集部の(籠)です。もう本格的な冬に突入しちゃいましたね。この季節、朝起きて窓を開けると、まだ真っ暗で憂鬱になったりしませんか。曇りの日で一日中暗いままだと、なんか世界の終末みたいなものを予感しちゃったりしませんか。

女性社員ばかりの会社で必要な6つのマナー

突然ですが、つくづくロンドンの日本人社会って女性の存在感が際立っていると思いませんか。とりわけ、駐在員ではない、いわゆる「現地組」には女性で活躍している人がたくさんいらっしゃいますね。

「ここが変だよイギリス人」ベスト5

皆様こんにちは。英国ニュースダイジェスト編集部の(籠)です。日本では「ガラパゴス化」とか「日本の常識は世界の非常識」とか「ここが変だよ日本人」とか、なんか日本人だけがグローバル・スタンダードからずれているような物言いをされている感がありますが、ロンドンで暮らしていると、イギリス人もかなり非常識なのでは?と思う瞬間がありませんか。