カテゴリ:ロンドン生活

日曜日の電車の中で見た光景

最近、自分の中でもどう咀嚼というか扱っていいのか分からない、でもとりあえず誰かと共有したいエピソードが発生したので、筆を取らせていただきました。ほぼ毎晩というくらい、ロンドンの帰りの通勤電車で見かける光景。車両間をつなぐドアが「プシュッ」と音を立てて開いた後で、スピーチが始まる。

葉加瀬太郎さんのチャリティー・コンサート -東日本大震災から3年-

2014年3月11日、東日本大震災からちょうど3年。ウォータールーにあるセント・ジョンズ教会で行われていた、ヴァイオリニストの葉加瀬太郎さんによる震災復興のためのチャリティー・コンサートに行ってきました

滝川先輩に向けてロンドンの「お・も・て・な・し」ベスト5

東京が2020年のオリンピック開催地に決まって以降、「ロンドンでのオリンピックはだね」と訳知り顔で話すのがすっかり得意になった英国ニュースダイジェスト編集部の(籠)です。皆様いかがお過ごしでしょうか。

ビジネス日本語スピーチ・コンテストに行ってきた

バレンタイン直前の2月12日にロンドンのSOASで行われた「ビジネス日本語スピーチ・コンテスト」の本選の様子をご報告申し上げます。実は僕、このスピーチ・コンテストを毎年ものすごく楽しみにしているんです。たぶん過去10年ぐらい皆勤賞。毎年仕事を放り出して、たっぷりと見学させてもらっています。特に今年は相当にレベル高くて、随分と堪能させていただきました。

ロンドン地下鉄48時間スト、こんなふうにサバイブしてます

ロンドンでは4日夜から7日朝にかけて、48時間の地下鉄ストが行われています。「なんで48時間ストなのに4日間も影響が及ぶんじゃい!」と解せない思いを抱えつつ、それでも通勤のためにサバイバル・ゲームに参加せざるを得ない社会人の皆さんを代表して、僭越ながらロンドン中心部にオフィスを構えるダイジェストの社員たちの例をご紹介いたします。

渡英しても英語が話せるようにならない6つの事情

皆様こんにちは。新年の誓いで「TOEICで満点取るぞ!」と宣言した英国ニュースダイジェスト編集部の(籠)です。年が明けてからもう1カ月近くが経つし、そろそろ勉強始めないとな、と思っていたところで、同僚から「英国生活10年超えるあなたが何で今さら英語の勉強するの? 」と痛いところを突く質問をされました。

イギリスから日本に一時帰国したときに取ってしまいがちな5つの行動

つい先日、日本の実家に一時帰省してきました。読者の皆様の中にも、年末年始を日本で家族とともに過ごしたという方は少なくないのではないかと存じます。ということで、「イギリスから日本に一時帰国したときに取ってしまいがちな5つの行動」をまとめてみました。

イギリスの暗い冬をやりすごす方法

年の瀬のロンドンを始めとするイギリス各地で仕事に勉強に頑張っている皆さんこんにちは。英国ニュースダイジェスト編集部の(籠)です。もう本格的な冬に突入しちゃいましたね。この季節、朝起きて窓を開けると、まだ真っ暗で憂鬱になったりしませんか。曇りの日で一日中暗いままだと、なんか世界の終末みたいなものを予感しちゃったりしませんか。

女性社員ばかりの会社で必要な6つのマナー

突然ですが、つくづくロンドンの日本人社会って女性の存在感が際立っていると思いませんか。とりわけ、駐在員ではない、いわゆる「現地組」には女性で活躍している人がたくさんいらっしゃいますね。

「ここが変だよイギリス人」ベスト5

皆様こんにちは。英国ニュースダイジェスト編集部の(籠)です。日本では「ガラパゴス化」とか「日本の常識は世界の非常識」とか「ここが変だよ日本人」とか、なんか日本人だけがグローバル・スタンダードからずれているような物言いをされている感がありますが、ロンドンで暮らしていると、イギリス人もかなり非常識なのでは?と思う瞬間がありませんか。

テムズ河が汚い理由がよく分かった その2

ロンドン東部はベクトン下水処理場の見学ツアーに参加した話の続きです。見学ツアーは正味2時間。広大な敷地内をバスで移動しながら、汚泥を除去したり、微生物による下水処理を施したりする箇所でそれぞれ担当者の説明を聞く、という内容です。

テムズ河が汚い理由がよく分かった その1

皆様こんにちは。英国ニュースダイジェスト編集部の(籠)です。ロンドンの様々な建築物が一般公開される「オープン・ハウス」の機会を利用して、ロンドン東部にある下水処理場に行ってきたのでレポート致します(ときどき汚い描写があるので、お食事中の方はご注意を)。

イギリスで暮らす日本人にとって気まずい10の瞬間

皆様こんにちは。英国ニュースダイジェスト編集部の(籠)です。僕の英国生活も11年目にいよいよ突入しました。ということで、これまでのロンドンでの暮らしを振り返る意味も込めて、今までに何度か経験した「気まずい瞬間」をまとめてみました。

ああ勘違い

皆さん、こんにちは。7月にPerfumeがロンドン公演やると知ったときにはもう売り切れとなっていて軽く落ち込んでいる(籠)です。ロンドンでシクシク(あっ、「シークレットシークレット」っていう曲の略称です)聴きたかった。英国ではシクシクじゃなくてジメジメした天気が続いていますが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。

やっぱりパブが好き(日本のパブも)

バンク・ホリデーを目の前にして仕事が手に着かなくなりつつある在英邦人の皆様こんにちは(今朝の通勤電車、空きすぎじゃないですか)。そしてゴールデン・ウィークを迎えたばかりの日本在住の皆様もこんにちは。バンクとかゴールデンとか5月になると人は金銭感覚を研ぎ澄ませるようになるのでしょうか。貴重な連休期間中の予定を手配しそびれちゃって凹んでいる(籠)です。

自宅の庭で不発弾が見つかった その2

「あなたの家の庭から、第二次大戦中にドイツ軍によって落とされたと思われる爆弾が見つかったのでただちに退避してください」という警察官の指示に従った結果、何も悪いことしていないのに家の前の道路に放り出されてしまった僕とフラットメートたち。辺りを見回すと、相当物々しい状況になっていました。

自宅の庭で不発弾が見つかった その1

お久しぶりです。編集部の(籠)です。オリンピック期間中はご無沙汰しておりました。しばらくぶりに編集日記を書かせていただきます。お久しぶりでまどろっこしくするのもなんなので、結論から述べさせていただきます。自宅の庭で不発弾が発見されました。

バランス・ボールで仕事することにした

こんにちは。ダイヤモンド・ジュビリーが終わってすっかりバーンアウトしちゃった(籠)です。本当はこれからロンドン五輪に向かって突っ走らなければいけないんだけど、水上パレードで僕に向かって手を振ってくれた女王の笑顔がいまだこの胸を締め付ける・・・・・・。

お誕生日はお寿司でお祝い

英国ニュースダイジェストのスタッフの一人である(澄)さんが、お誕生日を迎えました。女性スタッフなので年齢は公表しない方がいいらしいのですが、ともかく結構いい年になったので、同僚が集い、ロンドンのおいしいお寿司屋さんでお祝いをすることになったのです。

英国にも春が来た

ちょっとここ数日、雨降ったり止んだり、雷鳴ったり突風吹いたりの変なお天気に戸惑っている英国在住の方々からすれば「はぁ?」と思われてしまうかもしれませんが、今年も英国に春がやってきました。