ドクターマーチンのアウトレットが夏で閉店! 行くなら今しかない!

丈夫でかっこいい革靴でおなじみのドクターマーチン。

ブランド名ばかりが先行しますが、実際いろんなアーティストや企業とコラボしたり、ヴィーガン・フレンドリーなブーツを発売したりと、意欲的かつ挑戦的な商品をばんばん売り出しています。

今や中国やタイなど世界各地に生産拠点を置くマーチンですが、イギリスの拠点はイングランド中部のウォレストン(Wollaston)という小さな町にあります。ロンドンから電車で1時間くらいにあるノーザンプトン(Northampton)にほど近い場所です。

ノーザンプトンから東へ行った位置にあります。車で20分くらい

ここではファクトリー・ショップ(アウトレット)が併設されており、通常の価格の30-70%オフくらいの値段でマーチンのアイテムが購入できます。靴だけでなく、小物やシューケア商品なども一緒に買えます。

もっとごちゃごちゃしているフロアを想像していましたが、結構整然としてる感じ

本題ですが、このアウトレットが2022年夏で閉店してしまうそうです。スタッフの方に聞いてみたところ、まだ正確な日にちは確定してないようですが、早くて6月末には閉じてしまうとのこと。う、思ったより早い。

そのためなのか、品数はあるものの、各サイズがたんまりあるというわけではないので、悲しいかな、あーこのサイズなーい現象が連発。

で、す、が。

「終わりかけなのか…」でいかないのはもったいない!

なぜなら靴によって微っ妙ーにサイズ設定が異なり(だからアウトレット商品なんですかね)、自分のサイズよりワンサイズ上・下ならなんだかんだで履けちゃうからです。

私はUKサイズの7なんですが、今回購入したブーツはサイズ6。一緒に行った友人達も普段のサイズと違うものを皆購入してたので、このラッキー現象は私だけじゃなはず。とにかくお気に入りが見つかるまである程度ランダムに履きまくることが大事です。

あともう一つ、すでに何度もこのアウトレットに行っている超プロの友人からのアドバイスとして、

「棚の下にある在庫の奥をチェック」

するのも鉄則だそう。

フロアの中央付近はテーブルの上に商品を陳列してるのですが、この下に在庫が積み上げられているのは普通によくある光景だと思います。この目に見えるのを「手前」とすると、その後ろに陳列されたのが「奥」にあたります。

写真下の積み上げ商品の奥が宝のありかかもしれん

この「奥」に無秩序で商品が積まれてるので、奇跡的にサイズが見つかることがあるんだとか。

もちろんフレンドリーな店員さんに聞くのもアリなのですが、彼女達はバックヤードを確認してくれるだけでテーブルの下はノータッチ。自力で黙々と探すという、他人に迷惑をかけないなんとも日本式のやり方ですが、もはや見つかるならなんでもいいのだ!

他のお客さんもみんな自分の世界に入ってますから、堂々と地面に這いつくばって、商品の出し入れをめっちゃしましょう。

壁側にも商品が陳列されてますが、こちらはサイズがなければ店員さんへ。無法地帯なのはテーブルの下のみです

我々一同は到着後、先の戦術も使いながら3時間も滞在してしまいましたので、お時間に余裕をもって訪れるのをおすすめします。

英コメディアン兼作家のアレクセイ・セイルの歌「ドクターマーチン・ブーツ」の歌詞の通り、「階級もイデオロギーも関係ない、(中略)履けば誰もが自由になれるんだ」という言葉を信じて、今回購入したマーチンは、これから長い年数をかけていい意味で履き潰していきたいと思います。
お時間ありましたら、読むと買い物がもっと楽しくなるかもしれない、マーチンの歴史を書いた記事もぜひご覧ください。
THE DR. MARTENS STORE (OUTLET)
71 High Street
Wollaston, Wellingborough
NN29 7QE(無料の駐車場完備です)
日〜金 10-17時
土 10-18時

https://www.drmartens.com/uk/en_gb/

お気に入りの一足を見つけられますように!!(葛)

 

 

前の記事: