ここはイタリア! Eataly Londonへ行ってきた。

こんにちは、(縞)です。本場イタリアはもちろん、欧州各国、東京にも出店しているEatalyがロンドンは、リヴァプール・ストリート駅近くにオープンすると聞いてから約1年。建設中からずっと気になっていたEataly London(イータリー・ロンドン)がついに2021年4月29日にオープンしました。既に週末には行列ができる大人気スポットの巨大イタリアン・グローサリー&レストランをレポートします。

eataly outside liverpool street

リヴァプール・ストリート駅に隣接したEataly London。ビショップス・ゲート沿いです。

 

<グランド・フロア>

回転ドアから入店すると、まず目に入るのが「Gran Caffé Bar」のラウンド型のカウンター。コーヒーやエスプレッソ、コルネットというペイストリー、ジェラートなどが購入できます。外のテラスでいただくこともできますし、もちろんテイク・アウェイもOK。今後、コロナウイルス感染予防の規制が緩和されたら店内のイートイン・スペースでも飲食できそうです。

eataly outside bishops gate

回転ドア上部に掲げられた大きな「EATALY」のロゴで、より期待感が高まります。

eataly caffe bar

ラウンド型のカウンターにはコーヒー、ペイストリー、ケーキ、ジェラートなどが揃います。

eataly pastry

イタリア人が朝食で食べるというコルネットはクリーム、ピスタチオ、アプリコット・ジャム入りなど種類が豊富。

eataly cake

一つずつ試したくなるケーキ。

eataly

eately bag

白のコットン・バッグは2種類。ファースト・フロアにも売り場がありました。

 

ぐるっとカウンターを回った後に続くのはLa Via Del Dolce(デザートの道)。ド派手な電飾のゲートをくぐると、両サイドにチョコレートの量り売り、ピスタチオのペーストやビスケット、可愛らしいパッケージ・デザインのお菓子などイタリアの名産品の数々が並びます。

ド派手なゲート。お菓子の国に迷い込んだよう(!?)

eataly chocolat

ゲート横にあるチョコレートのステンド・グラスのようなインテリアデザイン

eately chocolate

チョコレートの量り売り。ピスタチオ、カプチーノなどのイタリアらしいフレーバーから抹茶まで揃います

eately chocolate

好きなだけ袋に詰めたらコードを入力して自分で計測。チョコレートの重さにもよりますが、この時は10個で9.65ポンドでした。

eately_pistachio

ピスタチオ好きにはたまらない豊富な品揃え。

eataly sweets

パッケージが可愛らしいキャンディー

 

「デザートの道」を抜けると、生パスタやピザなどをテイク・アウェイできるスペース「Bar Centrale」が広がります。現在は屋内での飲食ができませんが、バーもあるので将来的にはここでワインを一杯引っ掛けるということもできそうです。

eately bar

ワインは1杯5ポンドから

eately pasta

生パスタのカウンター。11時からは茹で立てのパスタのテイク・アウェイもできます。

 

大きな釜があるパン屋「La Panetteria」も併設。フォカッチャやサワードウなどのハード系パンがありました。

eately_bread

大きな釜にパンを入れる瞬間は思わず見入ってしまいます。

 

<ファースト・フロア>

高級ホテルかと思わせるエスカレーターで、ファースト・フロアへ上ると野菜や果物、鮮魚、精肉、チーズを扱うカウンターがあります。ロンドンにいながら、フレッシュなイタリアンフードをいただけるのは嬉しい限りです。

eataly escalator

コッパー色のエスカレーターと壁の質感が高級感を漂わせます。

プロシュートやサラミがずらりと並ぶカウンター。

eately cheese

モッツアレラ・チーズなどのフレッシュ・チーズを扱うカウンター。豆腐屋で豆腐を買うように、水につかった新鮮な状態で購入できます。

eately meats

ワインのおつまみに良さそうなものがたくさん。

 

そして、ハム、チーズなどの冷蔵品からパスタ、オリーブオイル、トリュフ入りバターなどのグローサリーから、ビスケット、クリスプス、チョコレートなどの棚がずらっと並びます。一つずつ見ていくと、相当時間がかかってしまうくらいの品揃えです。

eataly cheese

巨大な冷蔵庫に陳列されたチーズ。

eately ham

ハム類もずらり。

eataly sweets

カントゥチーニ(ビスコッティ)、アマレッティ、チョコレートまで、素敵なパッケージばかりで思わず「ジャケ買い」したくなります。

バーチ・ディ・ダーマ(Baci di dama)という貴婦人のキスという意味のイタリア伝統的のお菓子。濃いめのコーヒーと一緒にいただくと美味しいです。

eataly crisps

トリュフ入りのクリスプスなど。

eately pasta

乾燥パスタは100種類以上あるとか。

eately olive oil

オリーブ・オイルもたくさん揃っているので選ぶのに迷ってしまいます。

eately Truffle

トリュフ入りバターとオイル。

eately ragu

パスタに欠かせない牛肉とトマトを煮込んだラグー。

 
奥に進み、赤、白、スパークリングなどのイタリア各地からのワインやビール、グラッパなどの蒸留酒などが揃うアルコール・セレクションへ。2,000以上の銘柄のセレクションを誇るワイン・セレクションはどこから選んで良いのかわからなくなりますが、産地別に並べられ、店内のところどころに産地別の特色を説明しているポスターがあるので、イタリア・ワインを勉強、そして楽しみながら購入することができそうです。

eataly wine

ウェブサイトによるとイギリス一を誇る圧巻のイタリア・ワイン・セレクション。

eataly wine

イタリア北部ピエモンテ州のポスター

 

ロンドンに住んでいる醍醐味の一つが、ヨーロッパの国々に気軽に旅行に行き、その地の食を楽しむことだったのですが、コロナの影響で昨年は全く動けずにいました。イギリスではワクチン接種が順調に進み、ロックダウンの効果もあってかコロナの抑え込みに成功しつつあるかもしれませんが、海外の国々の状況はそれぞれ違いますし、しばらく海外旅行はできないかなと思うのが正直なところ。この一年間はやはり外国物で美味しい食材に餓えていたところに、満を持してのEatelyのオープン。海外旅行に行った気分も味わえますし、食生活が潤うことが何より嬉しいです。

現時点では、屋内の飲食はできないので買い物や屋外のテラスの飲食のみとなっていますが、コロナの規制が緩和されれば、屋内レストランのオープンやクッキング・クラス、ワインのテイスティングなどのイベントも開催されるとのこと。ますます広がるイータリーの世界、アップデートが待ち遠しいです。

Eataly London
135 Bishopsgate London EC2M 3YD
www.eataly.co.uk

前の記事: