愛と口論。

「なんであの二人カップルなんだろう」。

私が今の家に住んだ初日、フラットメイト兼友人が階下にいる30代のカップルについて説明してくれた。なんでもよく口喧嘩をするポーランド人女性とイギリス人男性カップルだそうで、犬も住んでいるらしい。引っ越し当日は忙しく、家の状況なんぞどうでもええわって感じだったが、少し落ち着いてみると、確かに下から口論が聞こえてくる。くぐもった声で内容はわからないけど、なんか怒鳴ってる。犬もギャンギャン追従してるし。

件の友人は、そのイギリス人男性の方は相当ポッシュな人で、なんでこんなエリア(吐き捨てるように言ってた)に住んでるか全然わからんってぼやいてた。

・・・・・・

日常生活では特に関わりがないので気にしていなかったのだが、このロックダウンで家にいるようになったら、見事に1日1回の頻度で喧嘩してることがわかった。キッチン、寝室、リビング、庭…全敷地がバトル・フィールド。たまーに聞き取れる内容を精査すると、飼い犬のことや料理とか、本当に些細なことで怒鳴り合いをしているっぽい。

先日も私ともう一人のフラットメイトがキッチンにいたある夜、例のごとく口論が聞こえてきた。

私はギャグ漫画のようにガラスのコップを床につけ、「盗聴~」とふざけてみたら、「こっちのがよく聞こえる」と、フラットメイトは手慣れた感じで私を玄関前の階段に誘い、座って真剣に耳を傾けていた。全然玄人だった。

・・・・・・

これまでの人生で、執着心の塊のような恋愛はしてこなかったけれど、友人が

「頭では別れたほうがいいってわかってても、自分の時間・愛情・お金を使った分、どうしても離れられないんだよなぁ」

って言ってたことがあったっけ。ちょっと羨ましいなぁって思いつつも、私は今とてもゴリラが飼いたくて。

ウホッフォッフォッフォオオオオオオーーーーーーーーーーー(ドラミング)ってやってほしい。し、私もやりたい。刺激が欲しいんだ!物理的な刺激が!!

ちなみにドラミングって威嚇行為じゃなく、争いになりそうなゴリラ同士の小競り合いに介入して「お、落ち着いてくださいよォォ!(ドコドコドコドコ)!」っていう調停的な意味を果たすんだそうだ。剛と見せかけての柔、この話美しくない?

また口論が聞こえたら、うちのゴリラで応戦しようと思ってる。

前の記事: