ロンドンの展望スポット、無料・予約不要のルーフガーデン「The Garden at 120」

すごい勢いでニョキニョキとたくさんの高層ビルが建設中のロンドン。

そんな変わりゆくロンドンを一望できる、無料で予約も要らないルーフガーデン「The Garden at 120 ザ・ガーデン・アット120」がビジネス街シティにオープンしたので行ってきました。

最寄りの地下鉄オルドゲイト駅、またはモニュメント駅から徒歩約6分。ナショナル・レールのフェンチャーチ・ストリート駅からもすぐ近くです。

Fen Court

左のビルに「The Garden at 120」と書かれた入り口があります

入り口でのセキュリティ・チェック後、エレベーターで15階へ。

エントランス

エレベーター

周りのビルより少し低めですが、360℃見渡すことができるので周囲の有名建造物がよく見えます。

まずは北側にガーキン。正式名称は30セント・メアリー・アクス、サー・ノーマン・フォスターの設計デザインです。

ガーキン

愛称「ガーキン」

すぐお隣にはウォーキートーキー。完成間近の2014年、太陽光の反射で車が溶けたなどの問題でお騒がせしたビルです。最上階にスカイガーデンがあり、こちらも眺望が楽しめます。(要予約)

ウォーキートーキー

愛称「ウォーキートーキー」の最上階はスカイガーデン

西側を見ると、遠くに小さなBTタワーやセントポール大聖堂、手前にはロイズ・オブ・ロンドン。以前はシティの中でも目立っていたロイズがなんだか存在感が薄くなったような気がします。

ロイズなど

遠くにセントポール大聖堂やBTタワーも小さく見えます

南側には、ザ・シャード、タワーブリッジ、テムズ河、ロンドン市庁舎などが見えます。

シャード

ロンドン・ブリッジにあるザ・シャード

ロンドン市庁舎

コロンと丸いロンドン市庁舎

タワーブリッジ

タワーブリッジとロンドン塔

東側には、遠くカナリーウォーフの高層ビル群が見えます。

ベンチに座る人

カナリーウォーフの高層ビル群

開発が進む

開発が進む東ロンドン

ウォーターフィーチャー

小川もあります

ベンチや小川もありガーデン部分もこれからもっと緑が育つので、都会のオアシスとして市民の癒やしの空間になりそうですね。

またルーフガーデンより一つ下の階には、これからレストランなどが出来るようです。

オープン時間は、季節により変わります。
夏季(4月1日〜9月30日)月〜金曜日 10:00-21:00
冬季(10月1日〜3月31日)月〜金曜日 10:00-18:30
*公式サイトには週末オープンの掲載がありませんでしたが、ビルの入り口には10:00-17:00と書いてありました。お出かけの際にご確認ください。また、一般客は先着順なので混雑している場合には、入場できないこともあります。

The Garden at 120
120 Fenchurch Street London EC3M 5BA
最寄駅:Aldgate / Monument / Fenchurch Street (National Rail)
https://www.thegardenat120.com/#content/page/visitor_info

 

ロンドンを登ろう(03 October 2016)
http://www.news-digest.co.uk/news/features/10404-climbing-up-london.html
*料金など掲載当時の情報ですのでご注意ください

知って楽しい建築ウンチク(藍谷鋼一郎)
http://www.news-digest.co.uk/news/archive/architecture.html

眺めを楽しめるロンドンのレストラン
https://restaurants.news-digest.co.uk/tag/眺望/

前の記事: